パワプロアプリ 熱血甲子園の都道府県別チームとボーナス対戦相手出現確率 | パワプロアプリサクセス攻略.com|投手・野手まとめ

パワプロアプリ 熱血甲子園の都道府県別チームとボーナス対戦相手出現確率

おすすめコンテンツ

パワプロアプリ 熱血甲子園の都道府県別チームとボーナス対戦相手出現確率

スポンサードリンク

パワプロアプリ サクセスこと「実況パワフルプロ野球」スマホ版サクセスで開催されている「熱血甲子園大会」の都道府県による違いや、ボーナス対戦相手の出現確率を紹介します。

そして、熱血甲子園を攻略する時のコツも紹介します

熱血甲子園イベントの流れ

熱血甲子園イベントでは「地区大会」「甲子園大会」「スター発掘大会」の3種類があります
イベントの流れがこちら

熱血甲子園大会

・「地区大会」はエントリーしたすべてのチームが参加できます(途中参加も可)

・「地区大会」で上位(※チーム内で1~5位以内)に入ったチームは「甲子園大会」へ
上位に入れなかったチームは「スター発掘大会」へ参加することになります

各大会でもらえる報酬については以下の記事にまとめてあります

icon-arrow3-o熱血甲子園大会の地区大会のランキング報酬・累計報酬

スポンサードリンク

都道府県による違いはある?

熱血甲子園イベントでは、エントリー時に参加する都道府県を選択できました。

パワプロアプリ甲子園大会

都道府県によってエントリーしてきたチーム数が違うのはもちろん

エントリーしているチームが「イベントに積極的かどうか(アクティブかどうか)」によってもかわってきます

エントリー数の少ない都道府県でも、参加している全チームが積極的にイベントに参加しているとしたら、ランキング争いになります

ちなみに、私の所属している新潟チームでは半分がアクティブ、半分がまだ参戦していない状態なので、このまま行くとラクラク突破できそうです

ちなみに・・・・

・地区大会では10チームで1グループ

・甲子園大会・スター発掘大会では16チームで1グループ

で作られていますので、ここは運に任せるしかありません

熱血甲子園攻略のコツは?

熱血甲子園攻略のためのコツ、ポイントを紹介したいと思います

ボーナスのつく対戦相手は逃さない!

熱血甲子園大会の対戦相手は、基本的には「同じくらいの戦力のチーム」から選ばれます

ですが、このパラメーターはあまり当てにしないほうがいいです

基本的には、普通のスタジアムで戦っているような相手が選ばれます

熱血甲子園大会対戦相手

そんな中で対戦するとスコアボーナスがつくチームがあるんです
それが背景が赤色のチーム

同じチーム

背景が赤色のチームは自分が所属しているグループ内にいるチームです

このチームと対戦すると30%スコアボーナスが上乗せされます

なので、積極的にこういったチームが登場したら対戦しましょう

ちなみに背景が黄色のチームは、サクセスシナリオでいつも操作するチームが現れます

kiiro-taisen

なお、これらのチームはいつもサクセスで使っているチームと同じチーム力なため

リーグレベルが高いところに所属していれば、めちゃくちゃ弱く感じるはずです

パワプロアプリチーム

↑リーグレベル5に所属しているのだが、こういったサクセスで登場する高校はチーム力が弱いので勝ちやすいのも魅力

ボーナス対戦相手チームの出現確率は?

ボーナスのつく対戦相手チーム(赤色)は、通常の青色背景の対戦相手よりも出現確率は低くなっているようです。

そこで、個人の結果ではありますが、出現確率を検証してみました!

エアプはやっていないので0%らしいですが、私は大体20%位の確率で登場しました。

低いとはいえ、5回に1回位は出現するはずです

スコアボーナス選手を育成する

エントリー期間中に準備をしている方も多いと思いますが、やっぱり重要なのが「スコアボーナス」

スコアボーナスの選手で固めた場合だと、普通に300%とかも夢ではないので是非作っておきましょう

icon-arrow3-o熱血甲子園大会のスコアボーナスキャラとボーナス値

熱血甲子園攻略のコツまとめ

以上、熱血甲子園攻略のコツをまとめてみました

今までのバトスタと違って、特定のプレーでボーナスがないとスコアを稼ぎづらいのでとりあえず、スコアボーナスで固めた選手を育成して、数をこなすのがなんといっても近道です

あとは自分の入るグループがカギになります。アクティブが少ないところだとまったりやっていても甲子園本大会に進めます

スポンサードリンク

パワストーン裏ワザ



<スポンサードリンク>

One Response to “パワプロアプリ 熱血甲子園の都道府県別チームとボーナス対戦相手出現確率”

  1. 1

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ